« 満足感を満たしながらダイエットする | トップページ | ダイエットには必須の新陳代謝 »

2013年6月11日 (火)

今ここにあるダイエット



ほんとうは機能しないと思われることの多いいびつなダイエット食餌療法の中には、体重を減らすどころか女性の体に有害なものもあります。こんな恐ろしいダイエット、うっかり試したことありませんか?

「不自然な減量を試みてはいけない」とアドバイスされることがあります。「不自然」とは、どのようなことなのか?実際には、あなたのカラダが絶食や栄養不足の状態になることを示しているのです。

バナナのみのダイエットで成果が出たという人は、バナナを食べるだけでなく食べる料理の量をかなり減らしたために摂取した総栄養分の量が減少しただけで、あまり健全なダイエットではないことは間違いありません。

みんなのお腹の皮一枚の下にあって、つまめるのが皮下脂肪と呼ばれるものです。逆に、腹部の内臓周辺にあるのが内臓脂肪と呼ぶものです。全然別物ですが、基本構造の差はありません。

目標とされる洗練された「細マッチョ体型」というのは、体全体のトータルのアンバランスでなく総じて筋肉があるのに、スマートだというような体型を言っています。



睡眠時間が足りないと成長ホルモン自体がよく分泌されず、新陳代謝の機能が落ちてしまうのです。こういう理由で、ダイエット期間中は大いに睡眠しておくことが肝心になってきます。

第一に、有酸素運動の目標としているのは「脂肪を燃やす事」、「心肺機能や筋力」の増進にあります。妥当な姿勢で行うようにすると、頭の天辺から爪先まで筋肉痛を覚える程、成果の上がるトレーニング方といえるのです。

肩甲骨とその外側には、不要な脂肪を燃焼させるのを促す褐色脂肪細胞が内在します。肩甲骨を運動させることにより褐色脂肪細胞を元気にし、蓄積した脂肪を簡単に燃やすことができる優れた体を作るのです。

脂肪の多い体を解決するということは、人目をひく見た目や健全な体を維持するということ、成人病などの予防策にも通じますから、ダイエットという療法は間違った考え方とは言いきれません。

最近人気のコーヒーを使った腸内洗浄を行う方法、シンプルに言えば浣腸ということですが、お腹まわりのだぶつきはすっきりしてきているといえます。およそ3、4日に一回行うくらいの割合で試みています。



よくある拒食症は、過食症と並んで、神経性の摂食障害なのである。少し前までは形態的異常に基づく器質性とされたが、事実上違うということが現実に証明されている。食べ物を拒否する拒食症も食べ過ぎる過食症も、本当の心の病気である。

話題のコーヒーを使った腸内洗浄(コーヒーエネマ)、簡単に言い換えると浣腸のことですが、お腹まわりの脂肪は解消されているようです。3、4日の内に1回の間隔で実施しています。

よく聞くのは「骨盤を締める事により痩せることができる」という誤ったイメージから、締めるタイプの運動だけをやっていませんか?この普及した勘違いでダイエット計画に不成功なもったいない女性をたくさんわたしは目にしてきました。

催眠を使った、ヒプノセラピーのセッションを通じることで、自然のうちに日々の食事量自体を抑制して無理せず体を使うようにできれば、「無理矢理なダイエット」 は完全に必要ないといえます。

話題のダイエットの進め方を探している人にとって、ダイエットモニターの広告は面白く思われます。ところがそれを逆手にとった、業者の詐欺まがいの広告も存在することを覚えておきましょう。



« 満足感を満たしながらダイエットする | トップページ | ダイエットには必須の新陳代謝 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1878787/51991224

この記事へのトラックバック一覧です: 今ここにあるダイエット :

« 満足感を満たしながらダイエットする | トップページ | ダイエットには必須の新陳代謝 »